本文へスキップ

ロータリークラブ会員は地域のボランティアとして、助けを必要としている人々を支援しています。

10月7日
職業奉仕委員会セミナー報告 丹野豊子会員
地区青少年奉仕委員会 遠藤 久 委員長スピーチ

 
会長あいさつ                           会長 佐藤 龍史
 会員の皆様、こんにちは。
 最初に、阿部洋子さん入会ありがとうございました。
今年度、福島中央RCの3人目の新たな仲間が増えました。阿部洋子会員には、本日よりロータリーライフをエンジョイしていただきたいと思います。
 所属委員会は、先月の理事会にて、ニコニコBOX委員会をお願いする事といたしました。
 ニコニコBOXとは、例会場で会員が自由意思で、善意の寄付金を入れる箱のことを言います。
 1936年大阪RCで初めて実施されたロータリー特有のもので、会員、家族、事業場等のお祝い事をニコニコしながら披露し、喜びを分かち合います。
 又、失敗をしたり、迷惑をかけたときもユーモアたっぷりに苦笑し、例会を賑わせて親睦を増進させることを目的としております。
 クラブによってはスマイルBOXとも呼ばれ、集まったお金は特別会計で管理されて、奉仕活動資金等に使われます。
 また、先週東邦銀行 方木田支店長で、当クラブの会員である上榁大会員が、12日付で会津の支店へ転勤となることになりました。後任に横山理(おさむ)支店長の推薦が上がり、先週の理事会にて承認されました。
 本日、クラブ全会員にその旨を記載した通知書を、会員BOXに配布してあります。
 本日を含め、7日以内に書面による意義が出されなかった場合、横山理さんは正当に選ばれたとみなします。
 転勤転入の日は10月12日との事ですので、現時点で横山理(おさむ)支店長の入会は10月21日の例会日となります。
 さて、昨日会員の皆様に通知いたしまように、来週14日の夜間例会に長浜東ロータリークラブの藤本会長と峰幹事の来訪を予定しておりましたが、幹事の都合がどうしても取れず今回の来訪は見送ることとなったと一昨日前の夕方に連絡がありました。
 現時点では、11月18日の大番さんでの夜間例会でお迎えする予定でおります。
 また、歓迎で予定していた祝奏のフルート奏者のキャンセルができなかった為、秋の夜にふさわしい曲をフルートの音色で楽しんで下さい。
 明後日の長浜東ロータリークラブへの私と幹事の表敬訪問は、予定通り実行します。
 訪問と言えば、10月19日(月)に、福島グローバルロータリークラブの夜間移動例会が、午後6時半より益蔵さんにて、会費5千円で開催されるとのことです。
 ゲストスピーチは当クラブの大澤益三会員とのことです。
 メーキャップ希望の方は、お申し出ください。
 本日11時よりセレクトン2階におきまして、臨時の歴代会長会を開催致しました。
 討議内容は、事務局遠藤さんが11月の下旬で、20年務めた福島中央RC事務所を退所することになったことについてです。
 いずれはと考えていたそうですが、8月のお父様の死がこの決断を早めたそうです。
 単年度制の理事会では的確な判断が出来ないため、歴代会長会で後任についての討議を行いました。
 あらためて、遠藤さんのあいさつの時間は作りたいと思いますが、これからの人生に、エールを送りたいと思います。そして残された日々で、できる限りの引継ぎをしていただけますようお願いします。
 さて、今年最も力を入れている「会員増強」のSAKUJI作戦ですが、現在10名会員から14名の推薦を頂いております。
 14名の推薦から2名の入会と、転勤等のための交代2名で、再来週21日の時点で1名減、4名増の予定です。
 まだ40名の会員から推薦をいただいておりません。是非、1会員1名の推薦をよろしくお願いいたします。
 最後に10月5日から11日まで「ロータリー学友参加推進週間」です。
 「ロータリー学友参加推進週間」とは、ロータリープログラムと学友との繋がりを再び結ぶことを目的に、ロータリーに学友の参加を呼び掛ける週間です。
 ロータリー学友とは、インターアクト、ローターアクト、青少年交換、ロータリー財団奨学生、米山記念奨学生など、ロータリーのプログラム経験者です。これらの学友をつなげ、ロータリーと一緒に活動して輪を広げることが学友会を作る目的です。
 9月19日にミューカルがくと館で開催された、青少年奉仕、米山記念、学友・平和フェローシップの合同セミナーもこの週間につながるものであると感じました。
 本日は、地区青少年奉仕委員会 遠藤久委員長にスピーチをお願いしました。
 遠藤委員長は、会津若松中央ロータリークラブ所属で、2016-17年度に会津分区のガバナー補佐を経験され、2018-19年の平井ガバナー年度から、二年間青少年奉仕委員会 副委員長を歴任されて、今年度、委員長に就任されました。
 コロナ禍で、青少年の活動もかなり制限されていると思いますが、未来のロータリアンを育成することはロータリーの希望ですあると思います。
 本日のスピーチを楽しみにしております。
 ご清聴ありがとうございました。お食事をどうぞ。
   
   
米山記念奨学生あいさつ                 ビャムバドルジ・アナラ君
 皆さんこんにちは。少しずつ寒くなってきていますが、体調管理に気を付けていらっしゃいますか。
 去った9月は私にとって忙しい一か月でありました。朝10時から夕方19時まで研究室に居ました。疲れるからアルバイトもする元気がなくなります。アルバイトもせず本当に皆様のおかげで生活していました。誠にありがとうございます。
 9月12日に街中広場にて開催された「結・ゆい・フェスタ」で琥珀さんとのコラボレーションが大当たりでして、ポリオ撲滅のための募金が良く貯まりましたという嬉しい報告があります。
 皆さんには引き続きご応援を頂ければと思います。
 本日もこの様な機会を頂き誠にありがとうございます。
   
職業奉仕委員会セミナー報告             職業奉仕委員会委員長 丹野 豊子
 令和2年9月26日土曜日10時より、郡山ユラックス熱海「大会議室」に於いて、「職業奉仕委員会セミナー」が開催され、会長と2名で参加させていただきました。
 資料によると、役員を含め98名の参加とのことでした。
 石黒ガバナーの開会点鐘、ごあいさつ、平井地区研修リーダーのごあいさつ、来賓・委員会委員の紹介、初瀬職業奉仕委員会委員長のごあいさつの後、石黒ガバナーが「福島職業宣言」について、趣旨と意見募集について説明され、年度末までにこの宣言を作成したいと20分間お話されました。
 続いて、初瀬委員長より、「職業奉仕は未来への挑戦であり 信念であり 確信である まっすぐな道は迷わない」と題し講義をいただきました。
 「ロータリーの友」の50年分を閲覧することが可能でありまた、ポールの生い立ちを動画で視聴もできる。過去の「ロータリーの友」を読むことによって、ロータリーの歴史を学ぶことができる。
 「ロータリーの樹」についてのおはなし。
 「ロータリーの目的」の全文の意図するところは100年間まったく変わっていない。
 ロータリーは倫理運動であり、道徳運動であり、人間性の向上と事業の発展向上運動である。
 ロータリーとは寛容である。
 職業奉仕観の3つの流れについて。
 物や金を与えることが奉仕ではない。
 バッジは見ているについてのおはなし。
 大連クラブのロータリー宣言。
 職業奉仕事例集の紹介等盛りだくさんの内容で1時間の講義でした。
 次に、「職業奉仕の入口」と題し齋藤職業奉仕委員会副委員長より講義をいただきました。
 職業奉仕とは、難しくわかりにくい。
 例えば「奉仕に学び、職業で奉仕する」「奉仕の理念」を学ぶ。奉仕を学ぶのではなく、奉仕に学ぶ。次に学んだ「奉仕の心」「奉仕の理念」「四つのテスト」を道しるべとして職業を通じて行動する。キーワードは「職場に持ち帰る」
 次に、あなたならどうしますか?という2択の設問が4つ、みんなで挙手しました。次に、事例が提示され、これが職業奉仕といえるか、というお話がありました。
 全体に対する質疑応答の質疑はなく、次に平井地区研修リーダーの総評をいただきました。
 全体的にはわかりやすい講義だったと思う。
 職業奉仕はロータリーにとって永遠のテーマである。
 バッジをつけている以上は、ということで、バッジは常につけるべき。
 会員増強で、今入ると、こういうメリットある、といって勧誘することは、今までの会員に対して不公平になるのではと思われる。
 設問に対する答えも様々な立場を考慮すると、どちらかが正解、とはいえないと感じた、等の丁寧な総評でした。
 石黒ガバナーの閉会点鐘で閉会となりました。
 以上、報告とさせていただきます。
スピーチ                    青少年奉仕委員会 委員長 遠藤 久
国際ロータリー第2530地区「青少年奉仕委員会の現状」をスピーチさせて頂きます。
まず青少年奉仕委員会と小委員会の活動状況の報告をおこないます。
スライドショーをご覧ください。

福島中央ロータリークラブ

〒960-8051
福島市曽根田町4-22

TEL 024-526-7211
FAX 024-526-7212


アクセスカウンター


クラブURL

クラブ予定表