本文へスキップ

ロータリークラブ会員は地域のボランティアとして、助けを必要としている人々を支援しています。


国際ロータリー第2530地区    
福島中央ロータリークラブ 

2月19日 ホームミーティング

 
会長あいさつ                          会長 宍戸 宏行
みなさん、こんばんは
本日は、午後3時よりロータリー情報教育委員会主催で、新会員と次年度の理事役員対象にロータリーのセミナーを開催いたしました。
例会で一番大切な時間は、「会長の時間」であり、会長挨拶のみではなく、会員の皆さんに奉仕理念の提唱をする場であることをさっそく学ばせていただきました。本日を含めこのセミナーは、9時間開催します。ロータリーを知る充実した学びの場となることを期待いたします。鈴木和夫委員長をはじめ講師の芳賀ガバナー、平井直前ガバナー、安藤地区幹事には感謝を申し上げるとともによろしくお願いいたします。
また、午後4時30分からは、第2回のクラブ創立30周年記念実行委員会を開催いたしました。ほぼ骨子ができつつあります。皆様には、各委員会の委員に割り当てさせていただき、ご協力を願うこととなりますが、よろしくお願いいたします。
本日は久しぶりの大番さんでのホームミーティングとなりますが、皆さんで親睦を深めましょう。以上会長挨拶といたします。
スピーチ                             ガバナー 芳賀 裕
「3月は各種事業が目白押しですが、21日、22日の「復興フォーラム」へのご参加ご協力もよろしくお願い申し上げます。まだ間に合います。」
福島中央RC新会員オリエンテーション結果報告
ロータリー情報教育委員会委員長 鈴木 和夫
  2月19日(水)3時から大番本店に於いて、福島中央ロータリークラブ新会員セミナーを行いました。
参加者は全員で18名、平井直前ガバナーからは「ロータリーの歴史」、安藤地区幹事からは「クラブの管理」、鈴木委員長からは「ロータリーとは」、芳賀ガバナーからは「ロータリーの組織」や「ロータリー用語」について講義がありました。
最後には全員から感想や質問を受けました。参加者から、もっと例会の時や機会を多くしてロータリーを学びたいという意見がありました。
内容が濃く充実したセミナーであったと思います。
次回は4月15日、6月17日に行います。
希望される方は是非参加をお願いいたします。
創立30周年記念事業第2回実行委員会報告           実行委員長 斎藤 高紀
出席メンバー
委員長:齋藤高紀、副委員長:佐藤一夫
委 員:大澤益三、今野朗、(欠席:今井明、梅津寿光、
    高橋正見、渡邊伸一郎)
宍戸宏行会長、金子克之幹事、
ローターアクト:二階堂舜、小川真美
検討内容
○記念式典&懇親会次第の検討
15:00 受付開始
16:00 記念講演
17:00 記念講演終了 16:45 来賓受付
17:15 記念式典開始
18:20 記念式典終了
18:30 懇親会開始
20:00 懇親会終了
○来賓、招待者の検討
およその時間帯が決まったので、案内状を作成し、早急に来賓、招待者に向けて案内する。(特に知事、市長は早めに連絡する)
○実行委員会組織
実行委員会組織を一部見直しし、確定する。
○その他
記念事業、予算等については次回の委員会までに、幹事等で詰める。
○第3回実行委員会 2020年3月11日(水)16:30より
於:ザ・セレクトン福島
 第4回 ホームミーティング
会長あいさつ                            会長 宍戸 宏行
  コロナウィルスの話題で大変です。いろいろなイベントが中止となっています。
私も来週エントリーしたいわきサンシャインマラソンが中止となったようです。
対策はとても大切ですが、あまり過敏にならす、我々ロータリアンは、粛々と奉仕活動をいたしましょう。
簡単ですが挨拶といたします。
 開会あいさつ                        会長エレクト 佐藤 龍史
  皆さん、こんばんは。
本日は、午後3時より当クラブの「新会員等セミナー」を受講してまいりました。
また、先月より「RLI」も受講しはじめました。
以前から、ロータリーって何をするの?とか、ロータリーとライオンズの違いは何?とか、何故、ロータリーに入会したのですか?とかをクラブ内外からよく聞かれます。
そのたびに、答えに困る自分がいました。でも、会員との親睦や活動を共にしているとそういう事ってどうでもよくなる自分もいました。
みなと楽しく集まって、奉仕活動をして、クラブの運営を行うことがロータリークラブであるという事も、間違いではないと思いますし、そう思う会員も多いと思います。
しかし、先程の質問に少しでも答えられるよう、どんなところからでもかまわないので、少しずつロータリーに対していろいろな角度から、接してみたいと思っています。
さて先日、ロータリーの友を読んでいたら、「世界を変える行動人」であることを世界に広めるキャンペーンがあることを知りました。
昨年の6月号のロータリーの友を引っ張り出して、クラブのストーリーを伝えるオリジナルなポスターの作り方を参考にして、My Rotaryから作成してみました。
簡単に作れますので、ご家族や社員の写真を入れてテーマにあったポスターを作成してはいかがですか?
これもロータリーへの接し方の一つだと思います。
それでは、これより第4回ホームミーティングを始めます
 閉会あいさつ                         副会長 菅野 浩司
  本日の「ホームミーティング」にご参加いただきました皆様、参加いただき誠にありがとうございました。本日は十分にお楽しみいただけましたでしょうか。
さて、この冬は、記録的暖冬、新型コロナウィルスの流行と、例年とは若干雰囲気の異なる冬となっており、いずれについても今後の推移を見守っていくべきところではありますが、必要以上に恐れることなく、できるだけ正確な情報を的確に把握するように努め、冷静に対応することが必要と思われます。
他方、明るいニュースとしましては、いよいよ3月26日(木)の午前10時に、福島県の復興のシンボルである「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」で全国の聖火リレーのグランドスタートが実施され、その後、沿岸の市長村を始め、福島県内各地で聖火リレーが実施されることになります。福島市内では、3月27日(金)12時50分に聖火リレーが信夫ヶ丘競技場を出発し、14時02分に福島県庁西庁舎前県民広場に到着という予定で実施されるようです。
ロータリーの直近の大きな行事としましては、3月21日(土)及び22日(日)の両日、「復興フォーラムinふくしま」が開催されますが、これまでと同様に、会員の皆様全員の力で一致団結して乗り切れればと考えております。ご協力をよろしくお願い致します。
以上、簡単ではございますが、本日ご参加いただきました皆様のご健勝と、宍戸会長年度、芳賀ガバナー年度の残りの期間も引き続き充実したものとなることを祈念致しまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

福島中央ロータリークラブ

〒960-8051
福島市曽根田町4-22

TEL 024-526-7211
FAX 024-526-7212


アクセスカウンター