本文へスキップ

ロータリークラブ会員は地域のボランティアとして、助けを必要としている人々を支援しています。


国際ロータリー第2530地区    
福島中央ロータリークラブ 

11月13日 ガバナー公式訪問

会長あいさつ                          会長 宍戸 宏行
   みなさん、こんにちは
 本日は芳賀ガバナー公式訪問例会です。
 朝9時30分より会長、幹事、オブザーバーとして会長エレクトの3名で芳賀ガバナーと懇談の時間をいただきました。
 事前に提出した協議事項をもとにいろいろご助言いただきました。特にクラブ例会の出席率の低下については、スリーピーング会員について丁寧にフォローすること、退会防止についても特に5年未満の退会者が一番多いことに鑑み、ロータリー情報委員会を中心にロータリーのことをしっかり学習する機会を設けることが大切であること、できれば、カウンセラーには、ロータリー情報委員会の委員が望ましいこと、また会員増強については過去に理事会で承認を受け、そのままになっている名簿を再度見直し、その追加も含めて増強にあたることなどの助言をいただきました。
 地域との繋がりとして、JCや商工会の青年部などの関わりも検討し、人脈を生かしていったらどうかということのご意見ももらい、こちらに関しても、積極的に考えていきたいと思います。
 その後のクラブ協議会においては、各委員会より今年度の取り組みを発表してもらい、それに対し、一つ一つ丁寧なコメントを芳賀ガバナーより頂戴しました。
 国際ロータリーの規定審議委員会で変わったこともあるが、クラブ細則にてきちんと決める必要もあるので、早急に見直しをすること、マイロータリーのなかの情報については積極的に活用することをはじめ、提唱している福島中央ローターアクトクラブの今後の在り方について貴重なアドバイスをいただきました。
 限られた時間でしたが、大変有意義なそして貴重なご助言をいただいたことに感謝申し上げ本日の会長挨拶といたします。芳賀ガバナーありがとうございました。
 
ガバナー補佐あいさつ              県北第一分区ガバナー補佐 遊佐 金一
 福島中央ロータリークラブ 宍戸宏行会長はじめ会員の皆さん こんにちは。
 まずもって、先月の台風19号の災害におきまして、災害にあわれ尊い命がうばわれましたことに心より哀悼の意を表したいと思います。
 本日は芳賀裕ガバナーと県北第一分区の最後の公式訪問となりました。常日頃は、福島中央ロータリークラブの皆様には大変お世話になっておりますこと、改めまして御礼と感謝を申し上げます。
 さて、本年度芳賀裕ガバナーは 「ロータリーが世界をつなぐ」を体現しよう をテーマに活動を行っております。本年度8月には、芳賀ガバナーの熱い思いが伝わり、RI会長でありますマーク・ダニエル・マローニー氏の福島来県を実現させました。私も一緒に様々な行事に参加をさせていただきとても貴重な経験をさせていただきました。
 今回、芳賀裕ガバナーと公式訪問に同行させていただき感じたことは、毎日お忙しい中、各クラブ訪問を行う中で会長幹事会、クラブ協議会、例会とクラブそして会員に対して積極的かつ丁寧に受け答えされておりました。そしてロータリーに対する見識の高さと情熱を感じることが出来ました。また、県北第一分区のレベルと意識の高さを実感致しました。
 本年度、芳賀裕ガバナーがこのような素晴らしい活動を続けるには、福島中央ロータリークラブの寛大なご理解とご協力の賜物であると思います。心から敬意を表す次第であります。芳賀ガバナーにおかれましては、お体には十分留意され、この2530地区ひいては県北第一分区を今後ともご指導いただきたいと思います。そして地区活動の目標の実現に向けて更なるご活躍をご祈念致します。また、来年3月の「復興フォーラム」を県北第一分区あげて支援と協力して参りたいと思っております。
 地区大会も皆さんのご協力をもちまして無事盛大に終了することが出来ました。これからが各クラブそして県北第一分区の行事が本格的に開催されます。会員の皆様には県北第一分区に対して今後とも格別のご理解とご協力をお願い致します。
 最後になりますが、福島中央ロータリークラブの更なるご健勝と会員の皆さんのご活躍、ご多幸を祈念致しまして、私のあいさつとさせていただきます。
 本日は、お世話になります。ありがとうございました。
「ロータリーの友」の紹介               雑誌委員会委員長 坂本 和司
11月号のご紹介をいたします。
<横組>
3P :〈マーク・ダニエル・マローニーRI会長メッセージ〉
国連とロータリーの関係が紹介されています。
2020年6月に国連憲章調印の75周年を迎えますが、その生い立ちには、RI会長等11人が諮問役として関わり深く関係したことが述べられています。
11月9日にはニューヨークの国連本部でロータリーデーが開催される等、今年度ロータリーは5つのイベントを計画しています。
一つの団体では不可能なことも一緒にやれば実現可能です。「きれいな水」「飢餓」「ポリオ根絶」など会員皆様のこれらのイベントへの参加を是非にと呼びかけておられます。
7P :〈ロータリー財団月間 特集〉
財団への寄付の種類や認証について紹介しています。
その中のP12~13には「私がロータリー財団に寄付する理由」として4名の方が熱い思いを投稿紹介されています。
14P :〈ロータリアンに学ぶリーダーシップ〉
インターアクターの活動が紹介されており、若い人がしっかりやっている様子が嬉しい限りです。
19P : 〈第15回ロータリー日韓親善会議〉
9月28日ウエスティンホテル仙台にて開催。
最近の冷えた関係が心配されますが、民間交流による改善が期待され、揺るぎない友情を誓い合っています。
28P : 〈よねやまだより〉
ミャンマー米山学友会の活動ですが、田中作次元RI会長よりメッセージが寄せられています。「田中作次奨学金」の選考会の様子もあり、次代の若者を応援しています。
<縦組>
16P :〈友愛の広場 青森RC武田吉孝氏の投稿〉
インドのデリー南EXRCの皆様をお迎えし「ねぶたおどり」の「ラッセラー」を一緒に跳ねて楽しんだ様子です。
22P :〈ロータリーアットワーク 『郡山西ロータリークラブ』〉
アメリカの911テロ家族会がロータリーを通じて福島県広野町の「ふたば未来学園高等学校」を訪問し、生徒と交流をされた様子が掲載されています。学園はスーパーグローバルハイスクールに指定されており、グローバルリーダー育成のために真に有益な活動となりました。
*ロータリーの友事務所では皆さまからの投稿をお待ちしております。
2020年ハワイ国際大会のご案内                  本間 正一郎会員 
    ハワイ国際大会への参加案内です。
 芳賀ガバナー輩出の福島中央ロータリークラブとして、大勢でハワイ国際大会へ参加し盛り上げましょう。
 旅行行程は成田空港出発6月4日~6月9日の4泊6日で日本航空利用です。
 宿泊は「トランプ・インターナショナル・ホテル ワイキキビーチウォーク」です。
 5つ星の最高級ホテルになります。本会議は6月7日(日曜日)です。
(本会議の登録)が必要になります。
 参加希望の方は後日配布の書類にて、よろしくご検討下さい。
 現在、参加予定の方はシングル・観光・ゴルフ希望等、行程の参考にしたいと思いますので、ご連絡下さい。
公式訪問スピーチ                        ガバナー 芳賀 裕
    はじめに、RIマーク・ダニエル・マローニー会長の今年度テーマ「ロータリーは 世界をつなぐ」の実践にあたっての活動の指針となる4つの強調事項をお伝えします。
 1.ロータリーを成長させることです。(会員基盤の成長)
 2.ロータリーの活動と家族との時間が競合せず、互いに補完し合う様な文化をつくることです。(すべてのレベルのロータリー行事に子どもを受け入れる)
 3.忙しく仕事をしているロータリアンもロータリーのリーダーになれるようにするための道を開くことです。(人生のどの段階にあっても、次年度にリーダーシップを執るのは皆さんです。)
 4.来年は、設立75周年を迎える国連とのパートナーシップを祝う年です。
 (ロータリーは、より健康で、平和で、持続可能な世界に向けた国連の継続したコミットメントを共有し、他の組織では得られないものを提供しています。)
 私たちは行動人です。世界を変えたいと望むだけでなく、インスピレーションを持続可能な真の変化に変える力が、私たちにはあります。その力は、私たち自身、また、私たちの活動を可能とするロータリーという土台があるおかげです。
ロータリーを通じて私たちはつながります。
 つぎに、今年度のキーワード「つなぐ」「つながる」から地区大会のテーマを「つなごう奉仕の心を!」といたしましたが、ロータリーが、創設以来114年継続発展し今につながっていることについて「不易と流行」の観点から若干お話しいたします。(詳細は資料をご覧ください。)
 創設以来、変わらずつないできた普遍的事項は、2つの標語で表されている「ロータリーの奉仕の理念」であり、その積み重ねの中でロータリアンに備わってきた5つの中核的価値観です。そして、先人が時代の変化に合わせ「革新性と柔軟性」を重視して調和に努めてきた姿が今、「ロータリーのビジョン」や「世界を変え
る行動人」のネーミングとして反映されていると考えられます。
 RIマーク・ダニエル・マローニー会長が「ロータリーの素晴らしさは、人びとをつなぐことです。」と言われております。どうぞ皆さん、クラブで、地域で一緒にロータリーを楽しみましょう。
   
   

福島中央ロータリークラブ

〒960-8051
福島市曽根田町4-22

TEL 024-526-7211
FAX 024-526-7212


アクセスカウンター