本文へスキップ

ロータリークラブ会員は地域のボランティアとして、助けを必要としている人々を支援しています。

TEL. 024-526-7211

〒960-8051 福島市曽根田町4-22

2019年1月16日 新年合同例会

会長あいさつ                             会長 大出 隆秀
 新年あけましておめでとうございます。
 本年も佐藤幹事ともどもよろしくお願いいたします。
 年初め、1月4日は、市内8クラブの合同新年会、9日は、次年度芳賀ガバナーエレクト年度の地区行事運営にあたっての打ち合わせ会が開催され、多数の会員の皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました。
 いよいよ、ホストクラブとしての芳賀ガバナーエレクト年度がスタートすることを実感いたしました。創立30周年の記念すべき年度を成功させるため、平井ガバナー年度同様、会員の皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
今年度の後半は、クラブとしての事業も盛りだくさんです。県北第1分区の事業としては、恒例となりました「あれこれなんでも相談会」、今年度、分区行事の担当となりました「ボウリング大会」の実施を予定しています。
「あれこれなんでも相談会」は、今年で第19回を迎えます。3月2日(土)、アオウゼでの開催を予定しています。この事業は、芳賀ガバナーエレクトが、創立10周年を記念して始められた事業です。会員それぞれが、職業上の専門的知識を生かして、地域社会の人達に奉仕するこの事業は、「職業奉仕の実践」にもっともふさわしい事業と思います。公共イメージ向上のためにも、報道機関、マスコミに対して、積極的にPRしていきたいと考えています。
現在、佐藤元彦職業奉仕委員長を中心に準備を進めていますので、会員の皆様のご協力をどうぞよろしくお願いします。
もう1つの分区事業、「ボウリング大会」は、4月13日(土)、からしまボウルでの開催を予定しています。県北第1分区の他クラブとのスポーツを通じた交流とともにローターアクトクラブとの懇親を深める機会でもあります。会員の皆さんの多数のご参加をお願いします。日程が近くなりましたら、担当委員長・幹事からも、再度、ご連絡いたしますが、とりあえず、3月2日と4月13日は、スケジュール表にこのクラブ行事をご予定ください。どうぞよろしくお願いいたします。
また、地区行事については、安藤次期地区幹事からもご報告があると思いますが、芳賀ガバナーエレクトが、サンディエゴの国際協議会から帰国されますと、地区チーム研修セミナー、PETS、地区研修・協議会、と行事がめじろ押しとなっています。地区行事につきましても、平井ガバナー年度、芳賀ガバナー年度の成功に向けて、ご協力をお願いいたします。
今日は、うれしいことに、また、新しい仲間が増えました。斎藤喜章(さいとうよしあき)会員、ご入会いただきありがとうございます。会員一同、心より歓迎いたします。斎藤会員には、昨年の「ふくしまスカイパーク」での職場訪問例会、年忘れ家族例会で、すでに顔なじみではありますが、改めて、新会員スピーチの時間をご用意いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
斎藤会員には、今までの職業上からのご経験から、私たちの知らないことや新しい発想など、ぜひ、クラブに新しい風を吹き込んでいただきたいと思います。そして、何よりも斎藤会員ご自身がロータリ―ライフを存分に楽しんでいただければと思います。
斎藤会員のご入会で、お陰様で会員数は、過去最多の58名になりました。
次年度、創立30周年に向けて、少し欲張りかもしれませんが、ちょうど倍の会員数、60名でもよいかとも思いますので、引き続き会員増強にもご協力をお願いいたします。
さて、今年は、4月1日に新しい元号が発表されることが決まり、まさに、変革、革新の年になります。昭和から平成に変わるときには、「自粛的」な雰囲気がありましたが、今回の改元にあたっては、多くの人達が様々な新しい元号を予想し、新しい時代に夢と希望と願いを託しています。
これから、私たちクラブは、2年連続のガバナー輩出クラブとして、福島中央ロータリークラブの新しい時代を切り開いていくことになります。今まで経験したことがないような多忙な日々が続くことになるかもしれませんが、今年こそ、私たち福島中央ロータリーラブの結束力と底力を証明する年にしたいと思います。本年、1年間、どうぞよろしくお願いいたします。
新会員あいさつ                              斎藤 喜章会員 
  ふくしま飛行協会の斎藤喜章と申します。本日、会長よりロータリアンのバッジを頂戴いたしました。
会長、会員の皆様に感謝申し上げます。
 私の人生にあって、よもやロータリアンになれるとは思ってもおりませんでした。私にとっても大きな慶びとなりました。
 おかげさまを持ちまして、ふくしまスカイパークも市民に親しまれる施設になってまいりました。仕事柄、365日、24時間勤務のような状況でありますが、少しでも時間を作り頑張ってまいります。皆様、よろしくお願い申し上げます。
懇親会あいさつ                         会長エレクト 丹野 良一
  皆さん こんばんは。
 まずは、平井義郎ガバナー、米山記念奨学生 劉文華(リュウ ウエンファ)さん、そして今月より新会員になられた斎藤喜章(さいとう よしあき)様、クラブ新年会にようこそお越しいただきありがとうございます。
 先程来、大出会長、佐藤幹事、熊坂実行委員長からも縷々説明がありました。芳賀ガバナーエレクトの今年の事業がいよいよ動き出します。「良いにしろ」「悪いにしろ」他のクラブからも大変注目される福島中央ロータリーになるかと思われます。皆さん会員全員のご支援をいただき各事業を実行してまいりますので、一層のご協力ご支援よろしくお願いいたします。
 あわせて、私の年度もよろしくお願い申し上げます。
 それでは、クラブ新年会をただ今より開会いたします。
懇親会あいさつ                            会長 大出 隆秀
 皆さん、こんばんは。改めてごあいさついたします。
 今週14日、芳賀ガバナーエレクト年度のRI会長のテーマも発表され、クラブ同様にいよいよRIも次年度体制がスタートしようとしています。
 今年度のバリー・ラシン会長は、「インスピレーションになろう」というテーマでしたが、この毎年のテーマは、1955年、国際ロータリーのベーカーRI会長が、その年の強調すべきロータリー・プログラムとして、「われわれの資源を開発しよう」というテーマを設定し、発表したのが始まりと言われています。それ以来、歴代会長がその任期の年にテーマを発表してきています。
 RIのテーマは、その年度のすべてのロータリアンの行動指針にもなるもので、とても重要なものだと思います。次年度のテーマと方針については、次週23日の例会で、芳賀ガバナーエレクトに国際協議会報告のスピーチをお願いしました。2530地区の次年度ホストクラブとして、一番早く、最新のロータリー情報をお聞きしたいと思います。
ところで、今年の干支(えと)は、巳亥(つちのとり)、一二支は、亥(いのしし)です。昭和34年生まれの会員の方が還暦となります。クラブでは、副幹事の斎藤達也会員、ロータリー財団委員長の桃井三夫会員、そして、私も還暦を迎えることになりました。
「猪」というと目標に向かってまっしぐら、猪突猛進、というイメージがありますが、以外と用心深く神経質で慎重な部分も持ち合わせています。
株式相場の格言では、亥(い)は固まる、子(ね)は繁栄とあります。今年、亥年は、新しいステージに進むための準備期間であり、しっかりとエネルギーを蓄える年とも言えます。次年度の創立30周年の成功・繁栄に向けても、足元をしっかりと固めて、次年度の丹野エレクト年度に確実にバトンタッチできるように頑張っていきたいと思います。
それでは、クラブ新年会。親睦委員会の皆さん、大澤親睦委員長、今年もよろしくお願いいたします。
あいさつ                             米山奨学生 劉文華
  米山奨学生 劉文華と申します。あけましておめでとうございます。
 確かに過去の一年間は、出来事がいろいろあります。奨学生になったり、大学院生になったり、アメリカへインターンシップしたりして、非常に充実して過ごしてきました。ロータリークラブでの思い出をいっぱい作って、大変幸いなことになります。
 今年は就職や修論の予定があるので、社会のさまざまな業界で活躍している皆さんからいろいろの経験やアドバイスなどをいただければ幸いです。
 去年は、いろいろお世話になっておりまして、誠にありがとうございます!今年もよろしくお願いいたします!
閉会のことば                           副会長 佐藤 龍史
 本日は、2019年「クラブ新年例会」に多数参加いただきありがとうございました。
 さて、国際ロータリーが次年度のテーマを発表され、「My Rotary」に掲載されました。
 また、芳賀裕ガバナーエレクトもサンディエゴから、フェイスブックにテーマの投稿がありました。来週、芳賀ガバナーエレクトの帰国報告会を楽しみにしたいと思います。
 それまで気になる方は、ぜひ「My Rotary」にログインしてください。気になる情報がたくさんあります。
 さて、気になるといえば、5月に開催される、2019-20年度の「地区研修・協議会」の前哨戦ともいえる「地区チーム研修セミナー」まで、あと1カ月に迫りました。
 あえて戦いに例えましたが、「地区チーム研修セミナー」に圧勝し、「地区研修・協議会」を有終の美で飾ろうではありませんか!
 熊坂総監督を軸に、ENJOY ROTARYの精神で「チーム福島中央」が「オール福島中央」で、盛り上げていきたいと思います。皆様のご協力をよろしくお願いします。
 それでは大出年度の後半戦も、充実したクラブ運営になりますことを祈念いたしまして、皆様のお手を拝借し、一発で締めたいと思います。

 2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で 思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。


このページの先頭へ